「シェアハウス」とは?

 

シェアハウスとは、ライフスタイルを変えず、入居者同士の適度なコミュニケーションをとれるので単身の社会人層を中心に幅広く受け入れられています。

シェアハウスでの生活はいたって普通です。
シェアハウスの入居者は、ほとんどの場合それぞれの仕事を持っている忙しい社会人。
基本的に日々の生活はバラバラです。もちろん、生活の中でお互いに接するタイミングがあれば会話に花が咲いたり、時には、入居者さんや事業者さんによって飲み会やパーティーが企画されたりします。


「ひとり暮しが寂しい、つまらない。もっと楽しく生活したい。」「様々な業種、経歴の人と、適度な距離感で自然に交流を持てる接点が欲しい。」と思っている方。

シェアハウスはそんな思いを解決してくれるはずです。
 

アパートと比べ契約期間が短く、入居する際の手続きが安くできるのも特徴なので、ぜひシェアハウスを入居先の候補に加えてみて下さい。

 

杜の都のハウスシェフが考えるシェアハウ

   『居・食・熟』

・・・居心地の良い空間、居場所

・・・食を通して交流を広げる

・・・建物と人が「熟成」する

​この「居・食・熟」があることでよりシェアハウスの魅力がより引き出され、毎日が充実し、自己成長にもつながると考えます。

「熟成」の考え方

作り手の想いとオーナー様の思い出が詰まった建物を簡単に壊すことはできません。

リノベーションをかけることで、建物を甦らせ、建物に関わった人々の想いを引き継いでいくことができます。日本の住宅の平均寿命は27年とされていますが、修正を加えていけば、何年でも大切に繋いでいくことができるのです。

建物が年数を重ねて、味わい深くなっていくことと、シェアハウスに入居するすべての方が、より魅力的な人になっていくことを願って、「熟成」するという言葉を使用しています。